2010年10月12日

vistaが遅い!!早くする方法

vistaが発売されてから数年がたって、一般的にも完全に

「vista=遅い」が定着している感があります。

このブログでもけっこう高速化にこだわっていろいろ記事を書いていたのですが

vistaを想像しながら、vistaを早くする方法を考えてみました。


まずなぜvistaが遅いと言われるのか。

その99%は容量不足かと思われます。

けっこう遅くなるOSなのにもかかわらず当初メモリ512M程度で販売されていたこともありました。

メモリだけで考えると、最低でも2GBは必要かと思われます。

ということでまずメモリ増設します。

最高まで増やすと確実に早くなります。



※それでも早くならない場合

ソフト的になにか問題があるか、ハードディスクが壊れている可能性が高いと言えます。

ハードディスクを交換してリカバリをすると早くなります。


※ちょっと早くなったけどもっと早くしたい場合

vista販売初期のころのパソコンは最高でもメモリが2GBまでしかのせれない、というパソコンもあると思います。

そうすると、最高容量にしても、けっこう早くはなると思いますが、めちゃくちゃ早くはならないと思われます。

そんなときは、システムをぐちゃぐちゃにしない程度に、いらない機能をきってしまえば、若干ですが早くなります。


1.サイドバーが邪魔なとき

右側にある黒い影です。時計とか写真とかカレンダーなど、便利なものをデスクトップ上におくことができますが、重たいパソコンにとってはさらに重くする可能性があります。サイドバー上で右クリックして閉じます。


2.スタートアッププログラムが邪魔なとき

立ち上がりのときに右下にポコポコでてくるアイコンたちは、スタートアッププログラムといって、使ってなければ切ってしまうことができます。

きってしまえば、そのプログラムが立ち上がらない分、立ち上がりが早くなることもあります。

コントロールパネルから変更ができます。「msconfig.exe」というファイルを実行してもできます。


3.セキュリティが邪魔なとき

セキュリティ対策は、下手するとそれが原因で遅くなるときがあります。

正直、Windowsアップデートを行っていれば、vistaならばウイルスもはいらないんじゃないか・・という程、vistaでウイルスの話は聞かない気もします。

vistaには、Windows Defenderというのも無料ではいっています。(これに関してはいまいち能力を発揮した噂を聞きませんが)

ファイル共有ソフトを使う人や、アダルトサイトをよく見る人はいれておいたほうが無難と思います。

あと、XPユーザーは確実に入れておいたほうが無難かと思われます。


4.Windows Aeroが邪魔なとき

これをきったらもうvistaではないですが、デスクトップ上で右クリックして「画面のプロパティ」から、「テーマ」というのを変更できます。

これをWindowsクラシックスタイルにすると、若干軽くなります。

でも、パッと見た感じ、味気なくなります。



posted by 山田 at 22:58 | 東京 ☁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。