2008年03月03日

パソコンをメンテナンスしよう入門

前日のブログでも言いましたがハードウェアに異常があるとパソコンが遅くなります。

徐々に遅くなっていって最終的には変な英語の文字がでて起動しなくなってノックアウトです。

そうなる前にデータをとりだしたり、もっと長く使いたいところです。

ということでハードウェアのメンテナンス方法を簡単に紹介します。



パソコンの各パーツについては「自作パソコン」のカテゴリを参照してください。

まず一番壊れやすい部分は間違いなくハードディスクでしょう。

パソコンの部品全てに言えますがハードディスクはあつくなりやすいのでなるべく冷やしてお使いください。

メーカーによっては熱くなりやすいハードディスクや音が大きいディスクもあるようですが、定かではありません。

カリカリ音がしてきたらそろそろ寿命です。



あとケースに入ってはいますが隙間から絶対ほこりがはいります。

このほこりがパソコンの起動の妨げになりますのでたまには掃除しましょう。

エアースプレーなどでシャシャッとふっとばしてしまうだけで速くなったりします。



起動時にエラーが出る場合はどの部品がエラーなのかチェックしてみましょう。

メモリを差しなおしたりするだけで復活する場合があります。



フリーズしたからといってやたらと強制終了するのはやめましょう。

電源のきりかたを知らなくて3ヶ月間毎回ずっと強制終了していたら3ヶ月後ハードディスクが壊れたとい例があります。



遅いからといってパソコンにやたらとパンチするのはやめましょう。

一発でハードディスクエラーになった例があります。


CDの読み取りが悪くなることもよくあると思います。

CDをいれてもマイコンピュータにCDタイトルの表示がない場合(読み取ってない場合)は9割型ドライブ不良です。

レンズクリーナーというものが量販店にも売っています。一回も使ったことがないかたはけっこう回復します。(定期的に行えるものもあります)


posted by 山田 at 21:00 | 東京 ☀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。